坂田智康氏とできない後ろ向きなネットビジネスの雑魚たち


 

坂田智康氏は、コンテンツモンスターの中で
いくつかの講義の合間や、ある一つの講義の中でも、

後ろ向きな考え方の人について、しつこいくらいダメ出しをしています。

できない、できない、と言っている人に対してです。

 

本来なら、
教材を購入した=学びたい
学ぶことで少しでも自分を成長させ、少しでも前進させたい

と思っているはずです。

 

それにも関わらず、最初からできないという人がいるわけです。

 

つまり、

今の自分にはできないとか、
○○さんだからできるんだ、

 

というように

マイナス思考で、後ろ向きな考えを持っている人たちです。

 

坂田智康的にまとめると、

どんなに悪い教材を買ったとしても、そこから学ぶことができる
どんなに難しい教材を買ったとしても、そこから学ぶことができる

 

それにもかかわらず、

できないという点にフォーカスして、
後ろ向きな考えで頭を占領し、マイナス思考で時間をふんだんに使い、

前進しようという考え方やプラス思考の時間を奪っているんです。

 

客観的に考えると、

そんなに後ろ向きの人が多いのかな、とも思いますが、

 

でも、コンテンツモンスター受講者では
本来はそんなに頭が悪い人は多くはないはずなんです。

 

にも、関わらず、何度も何度も、
この手の説得を坂田智康氏は話すわけですね。

 

このような講義というより説教にもあたる説明ですが、
私自身が講師だったら恐らく「できない話」だと思うんです。

 

要するに、
このようなできない、できない、と言い続けている人について
ここまでしつこいくらいメッセージを送れないと思います。

 

あなたもそうかもしれませんが、

プラス思考で頑張り始めていると、
後ろ向きの考えを持つマイナス思考の人と
ずっと長い間一緒にいたくないですよね!?

 

なんで、そんなにできない、できない言っているんだよ!
もう付き合えないよ、勝手に言ってろ!

 

そんな風に投げてしまいそうですよね。

 

でも、坂田智康氏はそれをしないんですね。
本当にしつこいくらい、メッセージを送り続けています。

 

その坂田智康氏の行動を冷静に受け止めると…

個人的に受けた学び、気づきとしては次のようなものになります。

 

我々プラス思考で頑張っている人が、聞くのが嫌になるような説教話は、
話している講師だってもっと嫌なわけです。
できればそんな講義や話はしたくないはず。

 

でも、それをやっている理由があるんですね。それは…

 

>>> 坂田智康氏のカリスマ性の一面を見出すへ続きます <<<

 

 

それでは、
坂田智康コンテンツモンスター!はりきっていきましょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ