坂田智康氏のコンテンツに振りかける毒の霧とは

 

坂田智康氏コンテンツモンスター販売ページのセールスレターでは
坂田智康氏がアフィリエイトで高額な収益をあげることができた
ノウハウが暴露されています。

それが、

坂田智康氏のコンテンツ力

です。

坂田智康氏は、

コンテンツに毒の霧をかけまくり、
タネと仕掛けを組み込みまくり
ギミックを盛り込みまくり、
一度手にしたら高確率で感染するように
鬼ほど計算し、鬼ほど設計して作成した上で、
鬼ほど戦略を立てて配布している

のように記載されています。

 

では、コンテンツに毒の霧をかけるとはどういうことなのか?

 

コンテンツとは無形の情報を媒体化したものです。

例えば、

記事コンテンツとか、投稿コンテンツとか、
PDFコンテンツとか、音声コンテンツとか、動画コンテンツとか、

色々な媒体に色々な手法で形づくられています。

 

でも、
元々はノウハウや裏技などの「情報」という無形のものです。

 

まず最初に考えるべき点として、

ノウハウや裏技に毒の霧をかけたのではなく、
コンテンツに毒の霧をかけているのです。

 

つまり、

無形から有形へ変える段階、
コンテンツとして形作る段階にて、

情報を素のままの有形化し記録するのではない

ということになります。

 

例えば、
あるツイッターノウハウがあるとしましょう。

そのノウハウをPDFに変換する際に、

毒の霧をかけ、タネ、仕掛け、ギミックを加えているのです。

 

その結果、
PDFを手にした人がそれに感染するということなのです。

 

でも、PDFは病原菌ではありません。単なる固体で動きません。

ではどうやって感染するのでしょうか?

 

それは、もちろん読者がPDFを読む事で

目を通して頭で理解する際に感染すると言う事になります。

 

PDFじゃない場合、例えば音声の場合なら、
耳を通して頭で理解する際に、

動画の場合なら、
耳と目を通して頭で理解する際に、

感染することになりますね。

 

で、

感染してどうなるかというと、

病原菌でも何でもそうですが、
何かが体の中に留まります。

 

つまり、頭の中に何かが留まってしまうんです!!!

 

うわー、考えれば考えるほど、怖いですね。

坂田智康氏は、
読者、視聴者が、一度そのコンテンツを手にしたら、

受け手の頭の中に何かを植えつけてしまう

 

そんな技術を持っている事になります。

その結果として、

坂田智康氏のことを覚えていたり、
坂田智康氏がリリースする次の教材が気になったり、
坂田智康氏が作成した次の特典が見たくてしょうがなくなったり
坂田智康氏の声や動画に触れたくて仕方なくなったり

そんな状態になるのでしょう。

 

そんな毒の霧とはナニモノなんでしょうか。

 

人間の頭に感染するようなモノってあるんでしょうか?

 

私が思うには、これは一つのものでは無いと思うんです。

なぜなら、

>>> 「坂田智康氏が製造した毒の霧の成分・組成を解明する」へ 続きます <<<

 

それでは、

坂田智康コンテンツモンスター!はりきっていきましょう!

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ