坂田智康コンテンツモンスター講義「エニグマ手法」レビュー#2

このエニグマ手法を学んだ私として、これをどう活用するか



この記事は続き記事なので#1をまだ読んでいない方は最初にこちらをお読みください。
>>> 坂田智康コンテンツモンスター講義「エニグマ手法」レビュー#1 <<<



まず最初に思ったのが、

「これは誰でもできるし、やるべきだ!」

ということでした。
でも、コンテンツモンスターのアフィリエイトに適用しようと思ったときに初めて

「言うは安し、試すのも安し、
でもしっかりとこの手法を使って、違和感なく成功させるのは簡単ではない。

ということに気が付きました。


坂田智康氏は、分かりやすく、誰でもできるものとして解説をしていますが、

確かに「言われればそうだよね!」と思いますし、
こうやればいいよと説明された通り「試すのも簡単に」できます。


でも、その試しの段階を超えて、
本番のアフィリエイトへ適用してみると、

案外難しいんですね。


坂田智康氏も講義内で説明していますが、
全てでなくても、一部でも使えば、今より効果があると言っていますので
全てを完璧にやる必要はないのですが、

上手くつかいこなすためには、やはり訓練と努力が必要だと思います。


アフィリエイトは、紹介する商材があって成り立ちますが、
特に自分が紹介したい位の商材は、内容もできが良いはずです。


それに対して、エニグマ手法を適用しようとした際に、

商材の内容が良ければ、気軽に適用しても内容負けしてしまったり、
手法を適用した状態に違和感が生まれたりします。

そのようなまだ慣れない状態で、
沢山の方が購入するかどうかは疑問があります。


購入者は一度しか商品を購入しません。

いくらアフィリエイト特典が良くても、
同じ商品を2回購入するのは非常にまれです。


ですので、その購入者が1回限り購入する上で、
納得のいくような状態まで仕立て上げるには、

やはり、気軽に適用するのではなく、全力で取り組むべきだと思います。

まして、自分がすごいと思う商材なので、自分のレベルを超えている商材です。
それに対してエニグマ手法を適用するのですから、

ある意味ではめちゃくちゃ頑張る必要もあるわけですね。



そういう意味で、
私がエニグマ手法を使う方法として次の考え方を持って取り組んでいます。


最初は沢山ある特典の一つのバリエーションとして適用しながら手法にも慣れる。


特典は一度作ったら終わりというわけではないので、
改善を続けるべきだと思いますが、

その改善を繰り返す中で、エニグマ手法にも慣れ、
それによって成果もでてくると思います。


そういう意味では、
キャンペーン的な短期勝負のアフィリエイトではなく、

最初のうちは、
長期レンジで販売される有名商材、定番商材へのアフィリエイトに適用し、
経験を積み重ねるのが良いと思います。




以上、エニグマ手法についての受講者レビューでした。


それでは、
インフォビジネスを楽しんでいきましょう。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ