坂田智康コンテンツモンスター講義「イリュージョニスト理論」レビュー#2

この記事は続き記事なので#1をまだ読んでいない方は最初にこちらをお読みください。
>>> 坂田智康コンテンツモンスター講義「イリュージョニスト理論」レビュー#1 <<<


どうすればすごいヤツになれるのか?
について、講義で解説がありました。

簡単に説明すると、
すごいヤツ像」についてです。


メチャクチャ賢ければ確かに凄いヤツである。

でも、普通の人はそんなに賢くないし、
賢くなろうとしてもすごく時間がかかります


では、
賢くならなくても凄いヤツと思われれば良いんですね。

本当はすごくないけど、
すごいヤツを演出する方法が分かれば良いわけです。


その意味でも、

イリュージョンを使えれば
あなたはすごいヤツになれますし、

賢くなくても、講義の中で説明があったもう一方を選べば、
努力次第でみんな凄いヤツになれるんです。


で、

逆に凄いヤツになれなければ、しょぼいヤツになってしまいます。
つまり、この業界で生きていけません

私たちは常に前を向いて
凄いヤツであり続けていく必要があると感じました。


そういう意味で、
ネット名でチャレンジすれば、仮にしょぼい印象を与えてしまっても、
名前を変えれば良いワケです。

でも、それまでの蓄積がなくなってしまうので、
本当に失敗してしまったら仕方ないですが、

それまでは意地でも凄いヤツと思われるように
精一杯努力したいと思います。



満足の本質を科学する


イリュージョニスト理論は顧客満足への施策の一つなので、
この思考を深堀しないわけにはいきません。

しかし、その深堀の仕方が凄いんです!

坂田智康氏の独特の思考が展開されており、
ポジティブ思考ネガティブ思考の両方の観点で解説され
マジで圧巻としか言いようがありません。

この講義は本当にネタバレをマジでしたくなる講義なんですね。


この講義を受けていない人がこの記事を読んだとしても、
全く問題ありません。ハードルはそんなに低くありません。

受講者は期待マックスで望んでもOK!
十分予想を裏切ってくるエキサイティングな内容になっています。




この講義を生かすために考えること


色々な理論展開がありましたが、

最終的に受け手の多くの人の満足を高めるためには、
コンテンツを量産すべき

という結論に行き着きます。

コンテンツを量産し、予め提示していたコンテンツだけでなく、
追加特典裏特典コンテンツを増やすことで、
多くの受け手の満足度があがる

という、結論としては誰でも言いそうな内容に落ち着きます。

そこがまた坂田的な
イリュージョンなのかもしれません(^◇^)


講義レビューは以上です。


最後にちょっと逸れますが、

イリュージョニスト理論の講義動画ですが、
コンテンツの作り方のバリエーションとしても勉強になりました

説明のために他の人の動画を差し込んでいるんですが、
その差し込み方がとてもお洒落であり、洗練された感じがします。

自分が今後作成する一連の動画コンテンツのうち、
ある一つのバリエーションに加えたいと思っています。



それでは、
インフォビジネスを楽しんでいきましょう。




コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ